• TOP
  • »
  • プラセンタ
  • »
  • プラセンタは耳鳴りに効果あり?耳鳴りが発生する原因と対策について

プラセンタは耳鳴りに効果あり?耳鳴りが発生する原因と対策について

「プラセンタは耳鳴りに効果あり?耳鳴りが発生する原因と対策について」サムネイル画像

耳がくぐもったような感覚に陥る、常にキーンという音が耳の中で響いているというような感覚が続く耳鳴りの症状。

少しでもその症状を和らげたいというのは誰しもが思っていることです。

ここでは耳鳴りの原因や対処法、耳鳴りの予防対策に関してまとめました。耳鳴りの有無に関わらず、更年期に差し掛かった女性は必見です。

耳鳴りはなぜ発生する?

まず、耳鳴りとはどのような状態なのかを説明します。

耳鳴り(みみなり)は、「実際には音が鳴っていないはずなのに、何かしらの音が聞こえることやその状態」を指しています。

耳鳴りを表現する時に、「ジジジジ…」や「ボー」というような低い音や「キーン」「ピー」というような金属音に近い高い音などが多く見られます。

自分にしか聞こえない耳鳴りと「自覚的(じかくてき)耳鳴り」といい、医師などが診察した時に患者が感じている耳鳴りを音で確認できた場合は「他覚的(たかくてき)耳鳴り」と呼びます。

自覚的耳鳴りの原因

自分にしか感じない耳鳴りのメカニズムや原因は分かっていないことがほとんどですが、「音をとらえるための伝達の課程のどこかで、神経の活性化(脳が興奮した状態)が起こったため、「キーン」などの耳鳴りを実感しているのではないかと考えられています。

耳鳴りがあるから病気というわけではなく、早朝や深夜など周囲の雑音が少ない静かな環境に身を置くと誰しもが耳鳴りを感じることがあるようです。

一回限り、一時的な耳鳴りで済むのであれば全く問題ありません。

この他にも、自律神経のバランスが乱れていることでも耳鳴りが起こりやすくなるとされています。

更年期障害の症状として耳鳴りが挙げられることもあり、年齢的なものとして見過ごされることも多々あります。

気にしなければいけないのが、自覚的耳鳴りが慢性的に続くことと、その耳鳴りによって「音が聞き取りにくい」「生活に支障が出ている」という場合です。

この場合、難聴などの内耳疾患が懸念されるので、早めに耳鼻科で「聞こえ」に関する診察を受けるようにしましょう。

他覚的耳鳴りの原因

他覚的耳鳴りの原因は、内耳と咽頭をつなぐ管状器官である耳管(じかん)周辺の筋肉や、耳小骨につながる筋肉が痙攣することによって起こることが大半です。

こういった物理的なものが原因となって起こる耳鳴りは、医師が診察を行うと、その音が聞き取れることが多いようです。

痙攣の原因を究明し対処することで、他覚的耳鳴りの症状を抑えることが可能です。

耳鳴りが発生した時の対処法

その時だけで症状が治まる一過性の耳鳴りであれば、さほど心配はいりませんが、突然に耳鳴りに見舞われたというような場合、次の対処法を試してみましょう。

1:身体を休める
過度なストレスや睡眠不足などが原因で自律神経が乱れ耳鳴りが起こることがあります。

まずは身体を休め、良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

2:環境を変える
ライブハウスやコンサート会場で大きな音を聞いた後にしばらく耳鳴りが続くことがあります。

静かなところで耳を休めることで次第に耳鳴りの症状は落ち着きます。

ただし、長時間耳鳴りの症状が続く場合は医師に相談をすることをおすすめします。

機械が稼働する工場などに勤務する方の中にも耳鳴りを感じる方がいるようです。

特にデスクワークから工場勤務へと環境が変わったという方に出やすいと考えられます。

先に記したストレスや環境への不適応、騒音性難聴の兆し等が考えられます。

環境になれることで、耳鳴りの症状は落ち着きます。

また、耳鳴りで生活の質が著しく落ちてしまったという場合は一刻も早く医師による診察を受けましょう。

3:めまいを伴う時は要注意
「少し休めば落ち着く」という程度の耳鳴りでも、めまいや立ちくらみの症状を伴う場合は少しでも早く医師の診察を受けましょう。

耳鳴りと共にパニックや強い不安を感じる時も同様に医師の診察を受けることが大切です。

耳鳴りを起こさせないようにするには

1:食事を改善する
先に述べたように、耳鳴りは自律神経の乱れや脳が興奮した状態・神経が過敏になった状態で耳鳴りを引き起こすと言われています。

その脳の興奮状態を抑えるにはミネラルやビタミンなどの栄養素を補うことが良いと考えられています。

普段の食生活を振り返り、食事を見直すことをおすすめします。

耳鳴りの原因となるさまざまな状況をトリートメントできる栄養素は食物繊維や、ビタミンB群、マグネシウムです。

食物繊維:自律神経の働きを安定させる効果
根菜・キノコ類・いも類など

ビタミンB群:脳神経系の働きを整える効果
豚肉・レバー・納豆・牛乳など

マグネシウム:筋肉のけいれんや、神経や精神の状態をトリートメントする効果
魚介類・豆類など

これらの食材を毎日の食事の中に積極的に取り入れることをおすすめします。

また、これらの栄養素には即効性はありません。

時間をかけて丁寧に効果を引き出していきましょう。

2:ストレッチを取り入れる
身体のめぐりを良くすることで血行を促し、脳の働きを活性化させることができます。

ストレッチでは腹式呼吸も同時に行うことで、自律神経を整える効果も見出せます。

また、身体を伸ばすことで気分転換にもつながるため、リフレッシュしたい時にもおすすめです。

3:肩こりを解消する
肩こりは血管を収縮させ、頭痛や耳鳴りを引き起こす要因にもつながります。

ストレッチなどで解決できない肩こりの場合は、整形外科などで診察を受けることをおすすめします。

肩甲骨を動かす体操や、姿勢を正す工夫も同時に取り入れていきましょう。

パソコン仕事などデスクワークが多い方は、1時間ごとに身体を伸ばしてリフレッシュすると肩こりを軽減できます。

4:睡眠時間を確保する
重ねてのアドバイスになりますが、睡眠不足などが耳鳴りを引き起こすことがあります。

そのため、睡眠時間を確保することが大切です。

その中でも「ぐっすり眠れた」「目覚めがスッキリしている」というような「満足度の高い良質な睡眠」を取り入れましょう。

先にあげた「ストレッチ」を眠る前に数分間取り入れることで、身体が酸素を取り込みやすい状態になりますし、手足が温まるためぐっすり眠れるようになります。

5:耳栓やイヤーマフを効果的に利用する
機械が稼働する工場などで働く場合は、耳栓やイヤーマフなどを取り入れながら作業をすることも一案です。

ただし、音を遮断することで安全が担保できないという場合はこの限りではありませんので、工場責任者に届け出た後で耳栓などを用いましょう。

また、耳鳴りが続く状態では騒音性難聴の懸念があります。耳鳴りによって日常生活に支障が出る場合は、担当替えを申し出ることも一案です。

必ず工場で指定された健康診断を定期的に受診し、耳の状態も確認していきましょう。

6:プラセンタサプリを導入する
ビタミンやミネラル、アミノ酸を補給すると言った意味合いでプラセンタサプリが重宝されています。

プラセンタサプリにはこれらの栄養素の作用により自律神経を整えてくれる効果も見いだせるため、耳鳴りを予防することができると考えられています。
更年期の症状として自律神経の乱れが現れている時でも、ホルモンバランスを整える効果があるプラセンタサプリを摂取することで、徐々にホルモンバランスや自律神経も整っていくことが期待できます。

プラセンタサプリは「食品」ですので、耳鼻科などで耳鳴りの治療を受けている最中でも併用して摂取できるメリットがあります。

時間をかけながら身体の調子を整えていくことで、穏やかな毎日を過ごせるようになります。

信頼できるプラセンタをお探しなら、フラコラを検討してはいかがでしょうか。

まとめ

耳鳴りの症状は、気持ちも滅入ってしまい、生活の質が落ちてしまうことも考えられます。

医師の診断を優先し、まずは耳鳴りの治療を始めましょう。

それと同時に耳鳴りを緩和するためのストレッチ体操や、プラセンタサプリを効率よく取り入れて耳鳴りを撃退していきましょう。

関連記事

人気記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ