• TOP
  • »
  • プラセンタ
  • »
  • アトピー性皮膚炎にもプラセンタは効果がある?その効力について

アトピー性皮膚炎にもプラセンタは効果がある?その効力について

「アトピー性皮膚炎にもプラセンタは効果がある?その効力について」サムネイル画像

肌荒れの防止や改善、アンチエイジングにと大活躍してくれるプラセンタ。
このプラセンタが、厄介なアトピー性皮膚炎にも効果を示すとして注目されています。

日常生活における皮膚トラブルについて

「アトピー性皮膚炎」という症状は、だれもが耳にしたことがあると思われます。
しかし実は、知名度が非常に高いこの症状の明確な原因やはっきりとしたメカニズムについては、まだ不明瞭な部分があります。

ただ、「肌の状態がよくないときに、アレルゲンが入ってきたりストレスがたまったりすることで起こるものだ」と言われています。

非常に強いかゆみをもたらすうえ、「完治」の判断が極めて難しく何度も症状が繰り返されます。
また、アレルゲンとなるものが人によって異なっていたり、アレルゲン以外の原因(ストレスなど)でも起こったりするなど、「完全にブロックすること」が難しいのも問題です。

アトピー性皮膚炎におけるプラセンタ診療の効果とは

このような辛いアトピー性皮膚炎に対して効果を示すのが、「プラセンタ」です。
プラセンタは、アトピー性皮膚炎の原因となる「弱った肌」を再生し、肌の状態を整えます。
また、抗炎症作用があるため、一度出てしまったアトピー性皮膚炎を治癒していくことも可能です。

現在ではクリニックのなかでもこの「プラセンタ診療」を扱うところも増えています。
プラセンタ診療の優れたところは副作用が起こる危険性が少ない、という点にもあります。
加えて、症状が慢性的に起こっている人に対して有用に働くため、非常に重宝されています。

使う前に知っておきたいプラセンタの成分について

ただ、実はこのプラセンタ自体がアレルゲンとなってしまう人もいます。
つまり、本来はアトピー性皮膚炎を改善するために飲み始めたプラセンタ製品であったのに、逆にそれがアレルゲンになっていた、という場合です。
(経口摂取だけでなく、「塗布」というかたちで取り入れた場合も同じ症状が報告されています)

そのため、あなたがアレルギー持ちであるのなら、事前にプラセンタの成分について知り、必要に応じて検査をしてから摂取することが求められます。

まとめ

治ったり治らなかったり慢性化したり……と、なかなか大変なアトピー性皮膚炎。
アンチエイジングやニキビ治療に効果を示すプラセンタは、このアトピー性皮膚炎を改善するための方法としてもよく知られています。
とても安全なものではありますが、同時に、このプラセンタ自体がアレルゲンとなってしまう人がいるのも事実です。
不安ならばテストをしてから使いましょう。

関連記事

人気記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ