• TOP
  • »
  • 化粧品
  • »
  • このタイミングでメイク落としがない!ストックがなくてもあわてないために

このタイミングでメイク落としがない!ストックがなくてもあわてないために

「このタイミングでメイク落としがない!ストックがなくてもあわてないために」サムネイル画像

旅先でメイク落としを忘れたことに気づいたり、家で洗顔をしている時にメイク落としを切らしていたりと、気持ちが焦ってしまうことってだれしもが一度は経験する事ですよね。ここでは、メイク落としの代わりになる商品やメイク落としの裏ワザについてお教えします!

メイク落としがない時、ピンチヒッターとして使えるものは?

手元にメイク落としがない時でも、メイクオフをしなければ翌朝の化粧ノリに大きく影響しますよね。そんな時は、蒸しタオルとオリーブオイルを準備しましょう!
多くのメイクは油分で落とすことができます。つまり、オリーブオイルなどの食用油でも十分にメイク落とし役割を果たしてくれます。

落とし方はとても簡単!
通常のオイルクレンジングのように、乾いた手のひらにオリーブオイルをのせ、メイクになじませた後、ぬるま湯で乳化させます。そしてその後すぐに洗い流すだけです。仕上げに蒸しタオルで顔を温めると、残ったメイクも落としやすくなります。

 

がっちりポイントメイクにはこれ!

マスカラやアイライン等、なかなか落としにくいメイクもありますね。そんな時は、手や体に塗って使う油分系のスキンケアクリームが役立ちます。
やり方は簡単で、化粧用コットンの上にスキンケアクリームを適量のせ、アイメイクになじませて落とすだけです。もちろん、メイク落としとしても代用可能です。使う際は、目に入らないよう注意してくださいね。
テクスチャーが固めの時は、手のひらで温めて、クリームを柔らかくしておくと使いやすくなります。メイクが十分に落とせたら、先述のように蒸しタオルで残ったメイクを緩ませてから落とすと万全です!

 

プラセンタ原液があると便利!

オリーブオイルなどの、食用油などでメイクを落とすと、顔に油分特有のヌメリが残るほか、肌がゴワついてしまうと言ったことがあります。やむをえず食用油などを使ってメイクオフする場合、食用油にプラセンタ原液を1~2滴落としておくと、洗い上がりのゴワつきを抑えることができます。

また、蒸しタオルで仕上げを行った後にもプラセンタ原液を薄く顔になじませてから、いつものスキンケアを行うと、翌朝もいつもと同じ肌の調子を保てるようになります。

 

まとめ

旅行時やお家でメイク落としがない時は、家にあるものや普段使っているコスメで代用することが可能です。また、肌の状態をいつもと同じように保つために、プラセンタの原液をプラスする裏技もおすすめです!


ライター名:Rocca*apr6
WEBライター10年目。士業アシスタントのバイトもこなす主婦。
美容・ダイエットならお任せ!趣味は夫とロカボと楽器演奏

関連記事

人気記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ